馬場状態と脚質

新聞の情報等で「高速馬場で前の馬が止まらない」とか「脚抜きが良くなり差しが有利」というような記事を見かけることがあると思います。馬場状態と脚質は、様々なファクターが絡み合って、一概には言えないのではないかと思います。ここでは、競馬は基本的に逃げ・先行馬が有利という前提で話しを進めてまいります。

芝コースの場合、降雨などにより馬場が悪くなるにしたがって、時計かかかるのは周知の事実です。ダートコースの場合、水分の含有量が多くなるにつれ、馬場状態が良 → 稍重 → 重となり、芝コースとは逆に時計が速くなりますが、馬場状態が不良のレースはサンプル数が少なく、重よりも時計が速くなるのか遅くなるのかは、なんとも言えないところです。

芝コースの馬場状態において、脚質の有利不利を考える際に重要なファクターとなるのは、芝の傷み具合です。芝コースは、開催が進むにつれてインコースから傷んでくるので、次第にアウトコースが走りやすい馬場となってきます。最後の直線では、概ね逃げ・先行馬は最内を通り、差し・追込馬は外を通ります。通常は、開幕前半はインコースもアウトコースも芝はいい状態。脚色が削がれないため先行有利です。

開幕後半になりインコースの芝が傷んでくると、逃げ・先行馬の脚が鈍り、アウトコースを通る差し・追込馬が台頭しやすくなります。ここで重要となるのは、差し・追込みが決まり易いか否かは、先行馬の脚が残っているか否かに因るということ。一般的に芝コースが不良になった場合、インコースもアウトコース大荒れ状態。こうなると、逃げ・先行馬、差し・追込馬ともに脚色が鈍るため、先行馬有利です。差し・追込み馬が有利となるのは、インコースが荒れて、アウトコースが荒れていないときということになります。

では、ダートコースの場合ですが、概ねどのような馬場状態でも脚が砂に取られるため、芝コースとは異なりインコースとアウトコースとの差はほとんどありません。水分含有量が多くなり脚抜きのいいダートになると、芝コースの開幕前半の高速馬場と同じような状態になるので、逃げ・先行馬が有利となります。

まとめると、芝コースで差し・追込みが決まるかどうかはイン・アウト差の馬場差が大きく影響し、馬場状態のみを考えるのであれば、インコースが荒れているとき以外は、逃げ・先行馬が有利になりやすいということ。ダートコースでは馬場状態に関係なく逃げ・先行馬が有利になりやすいということ。と言えそうです。

アクセスランキング